052-821-8211
お問い合わせ

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 入れ歯
  • マタニティー歯科
  • いびき・睡眠時無呼吸症候群

マタニティー歯科治療

2017年6月29日

むし歯治療

生まれてくる赤ちゃんにむし歯菌感染を防ぎます。赤ちゃんのお口の中にはむし歯菌はいません。1歳7ヶ月〜2歳7ヶ月をピークに、お母さんを始め周りの大人や兄弟などの口から感染します。
つまり、周りの大人や兄弟のむし歯菌を減らしておけば、生まれてくるお子さんへの感染年齢を遅らせ、むし歯予防につながります。

歯周病治療

妊婦さんが中程度以上の歯周病にかかっていると、早産や低体重児の出産を引き起こすリスクが高くなる事が分かっています。歯周病にかかっている人が低体重出産を経験する割合は、かかっていない人に比べて7倍近く。歯周病治療をする事により、流産、早産、低体重児出産を防ぎましょう。

歯と歯茎のケア

「出産したら歯が悪くなった」「出産したら歯がぐらつく」という事を防ぎます。お口の悩みが無くなり、出産後は笑顔で育児が出来ます。

虫歯予防をする

虫歯にならないための3の条件

  • 食生活
  • 歯みがき習慣
  • フッ素の塗布

歯科衛生士による食生活やおやつに関するアドバイス、母子それぞれの正しい歯磨き指導をいたします。
そしてキレイになった歯に定期的なフッ素塗布で母子ともにむし歯の無い健康なお口を維持していきましょう。

気になる事がありましたら、お気軽にお尋ねください。

診療項目

  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 一般歯科
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 入れ歯
マタニティー歯科
いびき・睡眠時無呼吸症候群
いなぐま歯科BLOG
採用情報